最近 2~3 時に目が覚めてしまう。
でも、21 時台には寝てしまうので、5~6 時間の睡眠時間は確保されている。
つまり、正常なのか?(笑)

今朝も早く目覚めてしまい再度寝ようと思ったが、確定申告の処理を全部終わらせてしまおうと起きることにした。

開業してからの帳簿はできていた。
医療費の明細も取り込んだ。
懸案の固定資産台帳も、グーグル先生に頼り切ってなんとか完成していた。
あとは、開業前までの収入の入力。

1 月末に退職したので、一ヶ月分のお給料をもらっている。
あとは送迎ドライバーのアルバイト。
退職金は、念のため一応入力しておいた。
ざっと確認してみれば、納得の結果に、、、

そもそも、税金として 1 月のお給料での源泉徴収分しか 2020年は納めていなかった。
住民税を納めていたが、それは 2019 年分なのだ。
となると、最大で還付される金額はその源泉徴収分が限度。
freee での還付金も、ぴったり源泉徴収分の金額となった。
はい、出来上がり!

まあ、苦労して処理した結果の割には、呆気ない幕切れだった。(笑)

結局のところ、確定申告自体が分からないのではなく、freee での確定申告が初めてであり、分からなかっただけ。
そもそも、確定申告自体は結構何回も申告はしてきているのだ。
つまり、freee でのやり方が未知であり、今回でひと通りのことは理解できたと思う。

そして、最後に電子申請で送付したらエラーとなった。
なんで?

調べれば、マイナンバーカードを昨年更新していたので、再度 e-Tax にマイナンバーカードを更新しなければならないと判明。
そうですか、、、

e-Tax でマイナンバーカードを更新すれば、サクッと電子申請も完了♪
これで終わりです。
でもね、、、

正直に言うと、e-Tax とみずほ銀行のインターネットバンキングのインターフェイス。
使う人のことを考えていない全くダメなインターフェイスの代表であり、見本のようなものだと感じている。
それに、クールじゃなくと思いっ切りダサい!

あ〜、スーッとした。(爆)

前々から感じていた。
よくもまあ、こんな仕様とデザインで設計して、検収をあげて、本稼働させたものだと。。。

大変であることは分かるけど、もう少しなんとかならなかったのかな?

電子申請後、気持ち良くいつもの直請案件へ。

お天気も良く、とても気持ち良い日だったな♪(^^)v

Views: 6