先日、首都高横羽線下り浜川崎付近で、バシッと飛び石を喰らってしまった!?

あちゃー!と思いながらも、冷静に走行しながらディーラーへ一報を入れる。
何故なら、結構予約を頂戴していて、仕事に穴を開けられない状況だったから。
取り急ぎ写真を送って欲しいとのことだったので、コンビニに寄った際に写真を撮って送信。

暫くして、ディーラーから連絡が来た。
「多分、フロントガラス交換かもしれないです。。。」
マジかぁ、、、

ただ、飛び石によるフロントガラス交換は、保険を利用してもそれほど大きなインパクトはないとのこと。
であれば、保険を使って交換しようと即決した。

予約がない隙間を狙って二泊三日預けることになった。
そして代車が、エブリイワゴン、DA17W だった。

ディーラーから乗って帰る時から驚愕した。
ターボ車だったのだが、その走りに興奮してしまった!
速いのだ。
自分のバン( DA17V )はノンターボなのだが、これほどまでに違うとは驚きだった。

流れを十分にリードできる加速。
普段は燃費を意識して踏み込まないこともあるけれど、それを差し引いても速い。
むしろ、燃費を気にするよりも、踏み込むことが楽しい。
そんな気持ちになったのは、久しぶりだった。

それに、ハイルーフではない標準ルーフ。

そのスタイルが格好いいと感じてしまうのだ。
内装や装備も、静粛性も雲泥の差。
ただ、積載力が大きく異なる。
運送をメインとするならばバンだけど、もし出張洗車サービスが軌道に乗ったならワゴンも有りかと思った。

で、飛び石だけど、先日たまたま隣に停まった大型車を見てパチリと。。。

工事現場へ出入りする大型車のタイヤには、こんなにも石が食い込んでしまっている。
工事現場を出て、スピードを上げていけば飛んでくるはず。
泥除けも、タイヤに擦れて短くなっていて要はなさないし、、、

一番の対処方法は、プロテクションフィルムを貼ることだと思っている。
だけど、1 年おきぐらいに張り替える必要があるはずだから、コスパは相当悪い。
となると、やっぱり運次第なのかな?(笑)

Views: 8