いつもの朝運行。

毎回本当にありがたいと感じている。
ただ今朝は、同じ会社さんなのだけど間近の異なる建物。
納品場所のプレートを確認すれば、8 時 40 分からの受付開始。
あっ、そうなのなかぁ。。。
いつもの納品場所では、8 時 30 分前でも受け付けてくれていた。

今日は納品が終わったらとんぼ返りでハローワークへ行かなければならない。
最後の失業認定と開業報告。
でも、案の定少し遅れてしまった。

開業報告を兼ねた最後のハローワークは、スコッと処理が完了した。
開業届の控えと軽貨物の経営届の控えのコピーを渡して、開業日までの数日間の給付金計算で終了!

今までありがとうございました!m(_ _)m

で、午後の仕事は道中エントリーし続けたが、落選のオンパレード。
だったら、そろそろあれをやってみるか?

はい、初めてのフードデリバリーです♪

アプリをオンラインにしたことはあったけど、配達を受けたことはなかった。
オンラインにして状況を確認していた時、自宅近くは結構ニーズがあることを知った。
弘明寺商店街の飲食店や近くにある数店舗のマクドナルド?からだと思っていた。

そして初めてのフードデリバリーは、やはりマクドナルだった!?(笑)

アプリの操作に若干戸惑いながらも、生鮮食品宅配のアプリとは異なりちゃんと Google マップでナビゲーションされるので安堵した。
1 件目は問題なく完了。
その後、数件ピックアップ案件が鳴ったが、少し遠かったのと駐車スペースに苦労するターミナル駅だったので拒否。
次案件は場所を見た瞬間、またマクドナルドだよね?と分かる内容。

1 件だけで終了するのもあれなので、ターミナル駅だけど駐車スペースを知っているので受けることにした。
だけど、車内とバッグ内に充満したマクドナルドの匂いが気になり始めたことと、軽自動車でやる意味があるのか?と懐疑的になり、モチベーションが急降下してあえなく戦線離脱。
初めてのフードデリバリーは、マクドナルド 2 件で終了です。。。(~_~;)

燃費と機動性と駐車スペースを考えれば、軽自動車ではなくスクーターで対応するのがベストだと感じた。
軽自動車でちょこまかとストップアンドゴーを繰り返す行為が、その売上と釣り合わないと認識した。
軽自動車で効果を得るのは、悪天候時だと感じた。

とは言え、隙間時間には申し分ない選択だとも感じた。
その前提として、地元での引き合いの数が多いことがあるが。
また、生鮮食品宅配とは異なり、提供アプリ内で全てが完結できるのが便利だ。
そして、件数をそこそここなせば、それなりの売上になるはず。
よって、仕事のひとつのバリエーションとしては十分にアリだと思った。

もうひとつの良さとしては、エントリーして落選するということがないこと!(爆)
案件にエントリーすれば、即受注となるのがとてもスッキリとする。
ただ、受注するまで配達先がどこになるのかが分からない仕組みがネックかと思っていた。
しかし、観点を変えればゲーム的な感覚で面白いかも知れないし、どこにでも行けて押せば歩行者になるスクーターを使用するのであれば無問題かと。

中古のスクーターを手に入れるか?
そんなことを休憩しながら考えていた。。。

では、また!

Views: 8