勢いというか、あまり気にせずに受注した。
今日は、埼玉県の北の方へ集荷へ行った。
調べてみれば、緯度的に霞ヶ浦と同じぐらいの位置だった。

クルマのパーツを神奈川県中部へ配送する。

助手席を倒さなければ入らない大きさだった。

で、往路もそうだが復路も下道で走る。
この仕事をやり始めた時、安易に高速道路を使用したこともあったが、コストが嵩んで利益が減少してしまう。
それ以来、急ぎで高速代が出る案件では高速を使用するが、それ以外はズーッと下道を使用するようにポリシーを変えた。

要は、下道番長でいかなければね!

当然と言えば当然なんだけど!?(笑)

あまり土地勘がなかったが、神奈川県へ戻る途中で気付いた。
これ、横田基地を通る道だよね?

集荷場所から結構走った気がしていたが、横田基地を目にした途端まだまだじゃんかと。。。

とは言え、一度走った場所に出ればその経験から距離感が分かるので、以降の見通しは利く。
往路みたいに、見知らない土地を走ると見通しが利かず、少しばかりの緊張感を伴ってしまうな。

そして、今日の発見。
助手席を倒すと、左側面から後方への視認性が抜群に良くなることに気付いた。
助手席に人が乗ることはほとんどなく、倒して荷物を収めるケースの方が多い。
であれば、初めから助手席は倒しておくほうが良いと認識した。

では、また!

Views: 2